Biography

下田恵玲奈は、日本生まれで、東京で育った。彼女は、小さい時から、常に水中に広がる世界に好奇心が旺盛で、ビニールプールにプカプカ浮かびながら 人魚についてボーッ と空想にふけったり、「海は広いな大きいな〜」と、童謡を歌いながら楽しんでいた。

2004年にホンデュラス湾の島、ウティラ島、ロアタン島への旅行中に初めて 挑戦したスキューバダイビングの後、恵玲奈は、すぐに水の中の世界のとりこになった。2005年にベネズエラでダイブマスターの資格をとり、タイ、ボネール 島、コルシカ島、コスメル島、カンクン、ハワイで水中写真を撮影し始めた。また、テキサスで水中ポー トレート写真のワークショプに参加している時、 インスピレーションを受け、異なるメディアを利用して特有の構図を作ろうと思い 、 写真の背景に新しいメディアとファインアートを取り入れることにした。

恵玲奈は、1994年からカリフォルニアのサンフランシスコに住んでいる。 南国の海に行けない時は、彼女は、たいていプールで撮影をしているか、冷たい海を眺めている。そして、彼女は未だに海の歌を口ずさんでいるのだ。